自分の臭いに気付く前にやっておきたいことは

加齢臭ってずっと先のことだと思っていました。アラフィフだから確かに中年ではありますが、自分の臭いを気にするのはまだ10年は早いだろうって気にしてませんでした。でも、同年代の友達やうっかりすると年下の友達でも臭いに敏感になってるんです。加齢臭は自分ではまったく気づかないから、早めにケアした方がいいんですね。若い時だって、汗の臭いは気になって消臭剤を使っていたんですから、エチケット習慣に年齢は関係ないのでしょうね。

ところで、こちらの爽臭デオフレッシュって聞いたことありますか?錠剤タイプの飲む加齢臭対策なんです。外側から臭いを抑えるよりも確実らしいのです。柿渋エキスや緑茶エキス、シャンピニオンエキスが口臭や体臭のいやな匂いを消してくれるから、身体には安心です。以前から飲むタイプがあるとは知っていたけれど、成分は本当に自然素材だということがわかったから、試してみてもいいかなと思い始めました。通販を上手に使うと1日30円くらいで続けられるらしいので、そんなに負担でもないと思います。

若い時は石鹸とかボディソープにこだわってましたけど、これからは内側ケアも大事なのでしょうね。女性と男性では、臭いケアは男性の方が頑張っているとも聞きます。女性はヘアケア用品や化粧品、人によっては香水を付けることで体臭を強く感じなくなる場合もありますが、男性は対面している人に「加齢臭がする…」なんて思われるんじゃないかと、内心はドキドキしているそうです。もし旦那さんがそんな不安を持っていたら、爽秋デオフレッシュで是非とも解放してあげたいものですね。もちろん自分も飲んで、いつも笑顔で人と接していたいなと思います。頼もしいアイテムですね。

赤ちゃんの虫歯菌

現在、小学2年生、幼稚園生、四カ月になる子供がいます。上の子が歯が生え始める頃(離乳食)の時期に喉に食べ物がつっかえつしまうのではという不安の方があり、親が食べ物を噛み下してからあげていました。熱いものはスプーンに口をつけてふーふーしながらあげたり、飲んだジュースをそのままあげたり、同じストローをあげたり、食べ物を回してあげたりなどたくさんの食べ物を共有してあげたりしていました。1歳後半になり、育児参考本などで親の口の中は虫歯菌だらけ必ず子供に移行してしまうので絶対にやめた方がよいというのを見て急いでやめたのですが、生後五カ月から行っていたのでもう遅いと思っていました。ですがその後子供は一度も虫歯にはなったことがありません。

赤ちゃんの虫歯はうつると聞いて人から聞いた話ですが、虫歯菌は普通分娩の時に色々な菌があり、産道にも菌があるために産まれながらにして菌をもらって出てくるので虫歯になる子はすでに母子感染しているのだそうです。ですので赤ちゃんの虫歯は親の口うつしでうつるというのではなく、産まれてきて持っていなきゃいけない菌や虫歯菌のように嫌な菌というのは遺伝で感染したものではないかと思います。今、親の口から虫歯菌がうつると大変神経質になっているお母様たちが多いですが、何かしらの菌がうつっていると思います。歯周病などは赤ちゃんの目を見て話すだけでも菌がうつってしまう素質を持った子がいるようなので、そんなに神経質にならなくて大丈夫だと私は思います。

ずいぶん前ですけど

出会い系サイトはいろいろありますが、イイコイというサイトがあります。一度このサイトで出会えたことがありました。埼玉のどこだったか、正確な場所は忘れました。出会えた人は人妻で、なんと二人組!話を聞いたら、旦那さんが同じ会社の同僚だそうで、そんな繋がりもあるんだとびっくりしました。たまに二人で会える人を探して、こんな事をして息抜きしているとか言ってましたね。30代のお二人でしたが、片方の方はもう少し年配だったと覚えています。レズプレイとかの経験は無く所謂3pが目的だそうで、うまく話が合ったのでそのままホテルに入って、二人掛かりで責められたり、二人を一緒に虐めたり。途中話も弾んで、結構楽しかったのを覚えています。あっ!もちろんお相手が二人なので、きちんと2回頑張りました!

やっぱり無料なだけあって、ユーザーは多いもののなかなか出会いには結び付きません。有料サイトと比べると、かなり難しい印象はあります。今は有料サイトでも業者さんが多いですが、やはり無料サイトのほうが多い印象ですね。でも出会い系って、やっぱり運と努力だと思います。ユーザーが多いってことは、それだけ色々な人に巡り合えるチャンスがあるって事ですよね。今まで繋がりのなかった異性と出会えるのが、出会い系の最大の魅力です。最初からエッチ目的ではうまくいかないと思います。女性の方だって、色々な目的で利用しているんでしょう。あまり自分の好みで絞り込まずに根気よく長く続けていけば、いつかときめく出会いがあるかもしれません。

海外で日本食が恋しくなる

海外に長期で滞在する時に、どうしても食べたくなるのが日本食ですよね。
そんな時に友人に、おすすめ通販の味噌汁を教えてもらいました。

海外へよく行かれる人の中には、お味噌を持参するっている人もいますが、
味噌って結構重いんですよね。
旅支度はあれもこれもとただでさえ荷物が多くなってしまうのに、
お味噌まで持参するとなるとかなり重くなってしまいます。
その点、通販の味噌汁はフリーズドライになっているので、
驚くほど軽いんです。
これなら、リュックに詰めても楽ちんです。

また、味噌をお湯に溶かして飲むだけのお味噌汁とは格段にクオリティーが高いです。
具も、野菜がしっかり入っていて栄養補給にも役立ちます。
慣れない海外での生活で、胃が疲れてしまった時にも、お味噌汁ならいただけそうですよね。

私自身も、アメリカへ3週間滞在が決まった時に、
日本から何を持っていこうかすごく悩みました。
海外旅行の経験が豊富な友人に、持って行ってよかったものを聞いて回ったりもしました。
そうすると、やっぱり日本食を挙げる人が多かったんですよね。
かといって、米なんかを持参するなんて考えられないし、
日本の調味料も重いし、全部食べきる自信もないですし、なかな難しいですよね。

そんな時に、通販のお味噌汁の存在を知りました。
友人に聞いていると、もう大賛成してくれて。
というのも、日本ではもう当たり前になっていますが、
海外ではフリーズドライの食品自体を、あまり見かけないそうです。
また、お湯を注ぐだけの簡単調理ですから、
たとえビジネスホテルであっても、調理に困ることはありません。

実際にアメリカ滞在中に大型スーパーで確認しましたが、
レンジで加熱調理するレトルト食品は見かけましたが、
フリーズドライの食品はありませんでした。
滞在中もたまに家族でお味噌汁をいただけて、懐かしくて美味しかったです。
お肉中心の食事で胃腸が弱っていた時にも、役に立ちました。
世田谷自然食品の味噌汁ってどうなの?

もう直ぐ手帳の季節です

もうすぐ手帳の季節です。毎年、来年はどんなのにしよう、と思います。

私は手帳は二冊使っています。一冊は体調などを記録するためのもの、もう一冊はいわゆるスケジュール帳です。スケジュール帳の方は、毎年変わることが多いです。体調用は、もうずっと10年ぐらい同じものを使っています。

今年の手帳で不便だった点を思い返したり、鬼が笑いそうですが、来年をどんな年にしたいか、という計画や夢などに思いを馳せたりします。

最近はもうデジタルで済ましてしまって、紙の手帳は持たない、という方も多いみたいです。私はやっぱり紙派です。

重いのが難点ですが、ペンを手に取りあれこれ思いながら書いていくのが好きです。ぱっと思いついた用事もさっと書けるのもいいです。

いわゆるTo Do や時間の決まったスケジュールから、その時思ったこと、ちょっと小耳に挟んだ、後でチェックしたい情報など、なんでも受け止めてくれるのが、紙の手帳の良さだと思います。

デジタルグッズも大好きですが、紙の手帳にはその時の自分を受け止めてくれる、という安心感があります。そしてデジタルデータと違って、何かの時に一瞬で吹き飛ぶこともありません。

いろんな意味で安心感を感じられます。だから私はこれからもずっと紙の手帳を使っていくと思います。日記も同じ理由で紙です。紙だと絵や図も書けますし。ペンも長く持つインクを選んでます。もちろん製本もきちんとしたものを選んでます。

来年の手帳選び、それは少し初詣と似ているのかもしれません。来年が良い年であるように、充実したものであるように、と、選ぶ時に無意識のうちに皆思っていると思うからです。

人生を変えたい

人は色々な経験や思い込みから、性格が作られています。脳の記憶や考えたことで、人生も決まっていくような気がするのです。慎重な性格の人は、自分のことを守ろうとしてネガティブに考えます。結構悪い思い込みだったりして、良いことを遠ざけているのかもしれません。情報なども悪いことばかり信じていると、人生がつまらなくなります。

よく考えれば、この世は楽しいことも多いし、良い人達も沢山いました。ネガティブ思考を治したいと考えたきっかけは、楽しく生きている人達は考え方も明るいと気づいたからです。お金持ちの人は、お金が好きだと公言しているし、沢山の人にご馳走して優雅に暮らしています。その秘密は何だろうと感じたことがありました。年収が高い人に聞いてみたら、潜在意識について学んでいるのだと聞いたのです。その方は、会社を経営している人ですが、考え方が明るく尊敬出来ます。

昔はネガティブ思考だったと言われていましたが、ザ・シークレットサブリミナルCDを継続して聴いていたようです。私も以前、聴いたことはありますが、1週間程で聴くことを止めてしまいました。それでは意味がないらしいです。潜在意識のことを、以前は深くは考えていませんでした。それはあんまり深く人生のことを考えていなくて、頭で考えていることと潜在意識の違いを知らなかったのです。

でも、会社経営者に話を聞いていたら、そのことがどんなに人生を変える為に大事なことなのか教えてもらいました。セルフイメージを変えることが、お金持ちになる為にも、素敵な恋愛をする為にも重要なことみたいです。私も毎日、ザ・シークレットサブリミナルCDを聴いてみようと思います。楽しく幸せに生きていきたいです。
ネガティブ思考を治したい!24時間ポジティブでいるには?

妊婦はつらいよ…

現在妊娠6ヶ月。
今の一番の悩みは…便秘です。

もともと便秘症ではありましたが、妊娠してからさらに症状が悪化しました。
しかも、前回の妊婦健診で貧血と診断され、鉄剤を処方されたのですが鉄剤は副作用があり便秘になるとのことです。
「もともと便秘症のわたしはどうなるんだ?」と心の中で思いながら、鉄剤を内服することになりました。

内服した結果は、とても言葉では表せないほど便秘による苦痛を味わいました。鉄剤を処方される時「下剤も処方しておきますか?」と聞かれたものの、
私は「様子を見てみます。」と返事したのです。
それが今になってこんなに悔やむことになるとは…。

妊娠前の様に、お腹に力をいれることができないのですっきりすることができないのです。
四苦八苦しながらのトイレタイムは正直苦痛でしかありません。
妊娠中は痔になりやすいと聞いたことがありますがそれだけは避けたいので、水分を多めに摂り食物繊維も意識して摂取してますが、改善はみられません。

世の中の妊婦さんは便秘で悩む方ってどのくらいいるのだろうと、つくづく考えてしまいます。
どうして妊娠中は便秘になるのかよくわかりませんが、女性は大変です。

妊婦の便秘解消に良いという市販のサプリを購入しようか迷っていますが、妊婦健診日がもう少しなので我慢しようと思ってます。
薬代も安いし。結局お金です(笑)
3人目の子供なので、節約できるところは節約しないと家計が大変なのです。

便秘で苦しんでいる私を横目に、毎日うらやましほど快便の夫。
一日出ないだけで大騒ぎ。
私なんて5日出ないのが当たり前だよと心で叫びながら、「それは大変だぁ!」と一応心配する振りはしてます。

貧血良くなってるといいな。
次の検診の時は、下剤を絶対に処方してもらって、快適な妊娠ライフを送りたいと思います。

お気に入りの洋服

最近、暑いかと思えば夜は急に寒くなったりして、着る服に困るので、この前の休みに衣替えをしました。
明らかに冬用はさておき、丁度今ぐらいに着れる薄手の長袖をメインに仕分けしていたところ、中薄手でサーモンピンク・七分袖・胸元にビジューがついたお気に入りの服が目に止まりました。
確か去年は出した時期が遅く、急に寒くなったので(田舎在住ですので急に空気が変わるんです)結局一度も着ず、春に着るには暑いので、またそのまま仕舞われたという、可哀相なお気に入りの服です笑。
サーモンピンクは顔色を明るく見せてくれるので、口紅やチークに取り入れるのが無難で良い感じなのですが、私の場合、年齢とともにくすみ感が前面に出てきてしまったので、服にも取り入れないと追いつかなくなってきました。
冬は特に暗い色が多くなるので、出来るだけ明るめの色を選ぶのですが、明るすぎるのも今度は膨張して見えるので、気を付けないと大変な目に合います笑。

この服は、膨張して見えるでもなく、かといって変に体系を隠すでもない、微妙な感じが大好きなんです。
今出しておけば今年は結構長い期間着れると思い、ハンガーに掛け、服を眺めて感じたこと。
『あれ?こんなに細身の服でしたっけ?』どう見ても、最近自分が来てる服よりも細身で、シュッっとしている。『いや、まさか笑』何故か嫌な予感がして、着てみました。

結果は、無残にもパッツンパッツン。古い感じのレオタードのような見た目。どう考えても、上からダウンのベストを着ても腕が強調されて、余計に男らしくなる。
サイズを見たら、まさかのMサイズ。『あー!これを買ったときは痩せてたかー涙』でもどうしてもこの服が着たい。
これからダイエットを始めないと。。まずはカロリミットやフォースコリーを併用してダイエットサプリを飲みはじめてみようかな。
来月には着れるように頑張ろうと思います。

心ー晴れのち曇りー

私の場合は、生理一週間前から情緒不安定になります。まず、子宮が少し寒く感じ、体全体がとてもだるく疲れやすくなります。この時点では、生理近くなると死にたくなるほどの感情の起伏はないのです。
生理二日前ぐらいからでしょうか、普段なら気にもとめない事や、笑って済むことに対して非常に敏感になります。

例えば、一緒に食事をしている人の食べる音だけが聞こえてとても気持ち悪くなったり(相手には大変悪いですが)、部屋の中をただスリッパで歩く音、口笛、繰り返し同じ質問をされる等。極めつけは、朝から意味もなく気分が憂鬱になり、何の理由もなく、ここに居たくない!死にたい!という感情が沸き上がってくるのです。まるで、子宮が叫んでいるかのように。

はっきりと覚えているのは、高校2年生頃から生理前に死にたくなる感情が始まったと思います。少しづつですが、23,4歳頃には収まっていました。思春期は生理以外の理由で情緒が不安定になりやすいものです。例えば、両親、友人との関係、学業、恋愛、体の成長などで心にストレスを抱え込むと、体に反応が現れます。生理前にはそれが激しく現れるのです。

病院の処方箋が必ずしも病気を治すとは限りません。担当医師がしっかりと症状を聞いてくれたり、看護婦さんの優しいケア、受付スタッフの”お大事に”の一言が、病状を軽くする助けにもなっているのです。心と体のバランスは自分でコントロールすることも必要ですが、周りの理解とケアも大切ではないでしょうか。家族や友人の優しい気遣いと理解が一番の薬だと思います。

顔にドロがっ

小学生の時に友達と遊んでいたら、友達のお父さんに、おい顔になんでドロを付けてるんだって言われ凄い傷つきました。小さい時から顔のホクロは自分でも気にしていて、大人になり化粧をしてもホクロは薄くならず、写真を撮ってもホクロが目立ち、写真を撮るのが嫌いになりました。あるとき皮膚科でほくろ除去ができると聞き病院に行き取る事に決めました。局部麻酔をしてホクロにメスを入れ少しづつ引っ張って取っているのが解りました。ホクロのあった場所は少し皮膚が凹みましたが、数年すれば皮膚は元に戻るからと先生に言われ安心をしました。数年たった今では、元に戻り綺麗になりました。それからは、昔の写真を見た時に、ここにホクロがあったなと思いながら笑い話しで見る事が出来ます。

ホクロを局部麻酔で取った時に、ホクロは悪性陽性があるから検査するねって先生に言われた時は、ビックリしました。結果は、陽性でガンもなく安心しました。家族や友達とも話しをしますが、体にあるホクロには、一つ一つに意味があるんだよって。ここのホクロは良いホクロだから取っては駄目だよとか、イヤラシイホクロだよとか。私は、若い時に、顔にあったホクロを3つ取りました。今思えば、良かったと思う気持ちと取らなければ良かったと思う気持ちがあります。だから、知り合いが取りたいと言ってもあまり賛成はしません。ホクロも体の一箇所のチャームポイントだと思えば可愛いじゃんって話しをしています。最終的に決めるのは本人だけど後悔はしてほしくないと思います。