懐かしの味に出会える

高校時代の友達が北海道の大学に行きました。当時は中部地方から北海道まで大学に行く人は珍しかったです。みんな地元に残るか、関西か東京に出ていく感じでした。大学2回生の夏休みその彼女が一緒に北海道旅行をしようと誘ってくれました。高校時代の友人3人と札幌で合流して北の大地をレンタカーで巡りました。走っても走っても続く長い道に驚き、道東ではいつまでも続く草原に自分の存在のちっぽけさを感じました。そしてゴールの札幌の彼女の下宿で2泊させてもらいました。学生なので貧乏旅です。そして最後の昼はサッポロビール園ではなく大学の構内で彼女の大学の友人と共にジンギスカンパーティーをしてくれました。そのジンギスカンの美味しかったこと。今でもその味を忘れられません。そしてあれからあの味のジンギスカンには巡り合えていません。そんな時に何気なくネットサーフィンをしていてジンギスカン通販なるものを発見しました。

未だに1人暮らしで適当な自炊しかしていない私ですが、あの時たべたジンギスカンがなぜおいしかったのか?ジンギスカン通販のサイトを見ていて気づきました。今までは屋外で食べたことや、自由な学生時代で楽しかったからおいしかったのだろうとか。思い出を美化したせいだとか。思っていましたが違いました。そうなのです。あの時食べたジンギスカンはあじがついていない生ラムだったのです。生ラムを焼いてたれをつけて食べていました。ジンギスカン通販にはタレ付き肉だけでなく生ラムも扱っています。どうりでこちらで食べたことがないはずです。だってお店に味付けラム以外売っているのを見たことがないのですから。早速、あの時に一緒に旅行に行った3人に連絡します。どのジンギスカン通販が良いか意見を聞きながら来月に近くの河原でジンギスカンパーティーをする予定です。それぞれのお友達も連れてきて。私も彼氏を連れて行こうかな。