地上デジタル放送って必要ですか?

私の家には、テレビが1台あります。
どこのご家庭にもあると思いますが、私の場合は少々違います。

まず、地上デジタル放送が映りません。
Bキャスカードの認識エラーとのことですが、修理してまで見たい番組もないので、壊れたままにしてあります。
CSや衛星放送も契約していないし、アンテナもないので映りません。
それでも処分しないのは、パソコンのディスプレイとして使っているから。

パソコンのディスプレイって、単体で買うと結構高額なんですよね。
端子さえあれば、テレビの方が画面も大きいし安いしで、余程のことがなければ特に困りません。

よく、「テレビ見ないなら家でいつも何してるの?」と聞かれます。
パソコンでインターネットしているし、見たいものは有料配信で見られるから困らない、と答えます。
通常はこれで納得してもらえるのですが、この前面白いことを聞かれました。「出かけるときに時計がなくて不便じゃない?」

時計は普通に壁掛けがあるし、スマホを見れば分かるから不便なんて感じないと答えました。
その人は違ったようです。テレビ画面の時計と、番組の音声で時間を確認しているとのことでした。
生活にテレビ放送が根付いているんでしょう、学生時代は確かに私も放送を当てにしていました。番組が始まる前に家を出る、とか。

けどそれって結局、放送を見ているわけではないですよね。
そしてテレビ放送を見ないからといって、理由を説明しているのに「なんで?」「どうして?」としつこく聞かれるのも困ります。
見たいものを自分の好きなときに見るから問題ない、と答えても、「家に帰って音がないのは寂しくない?」と。

その人にとっては、テレビ放送は見るものではなく、あるものなんだなと納得しました。家にいる間はずっと流れているもの。
しかし私の生活にはなくても問題ないものです。理解してもらうのも難しそうなので、最近は「興味ない」で済ませてます。