剥がした時はとても快感

若い時は小鼻の毛穴なんて、気にしたことがなかったのですが、20代後半くらいからでしょうか、小鼻にクリーム色っぽい角栓が目立つようになってきました。
小鼻の毛穴が目立ち、角栓が溜まっているのが見えると、なんとか取ろうと指と爪で押し出したくなってしまうことがあります。

私は、それが癖になってしまって、鏡をみるといつもやってしまっていました。
しかし、その時は角栓が取れて気持ちが良いような、嬉しい感覚があるかもしれませんが、無理に押し出して皮膚が傷つけられているかもしれません。
私は、そうしてしまい、爪の跡がついたり、赤くなってしまいました。

本当にポツポツ毛穴が気になるいちご鼻の改善をしたいのなら、自分で無理やり押し出したりせずに、きちんと市販の物を購入した方が絶対に良いと思います。
ドラッグストアなどで販売している、いちご鼻の改善商品には、

①貼って剥がすだけのシートタイプの物
②指で塗って剥がすパックタイプの物
③ピーリングジェルタイプの物
があります。

シートタイプの物は、シールをはがして鼻に貼るだけでとても簡単です。
しかし、しつこい角栓が取れにくい印象があるので、私の場合は、自分で塗ってパックを剥がすタイプの物の方が吸着力が強い印象があります。
パックタイプの商品にも、角栓、うぶ毛、古い角質をピーリング除去してくれると記載があり、一番改善効果があると思います。

ピーリングジェルタイプの物のメリットは、量がたくさん入っている商品が多いので、コストパフォーマンスが高い点だと思います。
しかし、肌をすっきり整えてくれる効果は感じますが、角栓の除去には効果が低い印象があるので、普段使いに良いかもしれません。

かならず治るいちご鼻改善の裏ワザなんてものがあるといいんですけどね。